柳桜日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終日、電話対応(修理の方)に追われた気がする。
固定電話3件、業務用携帯1件。

業務後、演芸会の練習。
練習のあとは同期と中華料理。
パブリック・ディプロマシー関連の話をする。
スポンサーサイト

三度10:00頃起床。ひどい三連休である。
午前中、録画していた「花燃ゆ」の初回を見る。オープニング曲は好きだが…
その後駒場へ行って卒論の修正。脚注の付け方を変えたら見栄えが良くなった。
しかし眠くて他のことはあまり進まず。
夜は中国語会話の予習。

11:00くらいまで寝る。休日にしこたま寝るのが楽しみのようになりつつある。
その後法律の勉強と語学。行政事件訴訟法の続き。
Ian Bremmerの"Every Nation for Itself"を読み始める。
フランス語も再開した。挨拶ぐらいはできるようにしておきたい。
夜は北京留学時代の友人らと夕食。一つ下の後輩も外資企業に決まったようでめでたい。
すでに働いている先輩からは「働くこと」の現実を聞く。恐ろしいものである。

午前中、法律の勉強。行政事件訴訟法。

午後は卒論の修正。
夕方からバイト。夜は語学。

パリの新聞社銃乱射事件が波紋を呼んでいる。
パリのみならず世界各地で「言論の自由」を叫ぶ集会が開かれているという。
「自由」を声高に叫ぶことは大切だが、それに逆なでされた人々が更なる暴力を行使し、人々が犠牲になることも勘案する必要がある。
意見や価値観は世界のどこにいても発信できる時代だが、暴力は手近な場所や人々へ降りかかってくる非対称性がある。
暴力や人の命を奪うことそれ自体がゆるしがたいことなのに、「自由」という「価値観」の尊さやその侵犯の罪深さが前面に出されていることにも違和感を感じる。
何にせよ、犯行グループの身柄が早く確保されることを願う。

午前中、卒論の修復。ようやく先生に送付。
本郷の図書館書庫で引用文献のページ数を見る。
昼は元クラスメートと昼食。近くの焼肉屋のランチ。
昼から焼肉とは豪勢だが500円という安さだった。
その後そのままクラスメートの家で時折本を読みつつダラダラ過ごす。
夜は法律と語学の勉強。行政不服申立ての続き(裁定と教示)。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。